携帯小説を侮る無かれ。リアルで心に訴えかける作品が多く、そこにははまると抜け出せない魅力がある。

通る企画書を書くコツとは

通る企画書を書くコツとは

仕事で企画書を書くことがあります。企画書の書き方を正式に勉強したことはないのですが、見本となるような企画書を見てこんな形で書くのだな、と見よう見真似ではないですが、自分流にアレンジして書いてきました。残念ながら、自分の企画が通ったことはないので、勉強の余地がまだまだあるのだろうと思っています。そしてまた、業種ごとに企画書の書き方も微妙に違って来るのではないでしょうか。
脚本家志望の友人は、テレビドラマの企画書をよく書いて、制作会社へ提出しているようです。以前、企画書を見せてもらいましたが、割と面白く読ませてもらいました。色んな条件が決められた上で、企画を考えるのだそうです。企画意図の部分では、例え素晴らしいことが書いてあっても、長々とした文章だったり、回りくどい文章などは、先方に読んでもらえないのだそうで、単的に引き込む文章を書くとのことでした。読むのは、常時忙しいプロデューサーさんなので、パッと見て読んで面白くなければ即はじかれる世界で、大変そうでした。ただ、100くらい企画書を書いてずっと通らなかったのに、ある時コツを掴んでからは、ほぼ100%企画書が通るようになった方がいると聞きました。そのコツというものを是非とも知りたいものです。

索引とともに知識を頭へ

索引とともに知識を頭へ

娯楽のためではなく知識を得るために読む本は、索引のあるものが好きです。この言葉、確かこの本で見たけれど、どこに載っていたかわからない。そんなときに便利ですものね。それがついていない本の場合は、インデックスのシールや付箋を使って作ったりもします。よく見るページは大抵決まっていますから、そこにインデックスをつけるのです。内容を覚えても文字で確認したいときもありますから、そんな場合に該当ページを一度で開くことができて助かっています。ただ索引のない本だと素敵な出会いがあったりもするんですよ。どこだっけ?と探しているときに偶然に目に入ったページに、自分が忘れていたことや思い違いをしていたことが書かれていたりもしますから。一度読んだ本なのに、ああそうだった!と驚くこともしばしばです。私はこういった本には書き込みをすることも抵抗があまりないので、だんだん自分だけの虎の巻みたいになっていきます。それがとても楽しいんですよね。学生のとき、教科書に書き込みをした気持ちに似ています。紙面に書き込みがあると他の人は読みにくいかもしれませんが……共有の本ではないので問題はないでしょう。そして本がボロボロになる頃には、知識は頭の中というわけです。

有名なはずなのに、知らない人の本

有名なはずなのに、知らない人の本

図書館で『伊豆の踊子』を借りました。それだけが載っている本は見つからなかったので、文学集の中の一冊です。普段はめったに足を向けないような、著名作家の本ばかりが並ぶ棚。そこで私は、ある本を見つけました。どうしてその本が気になったのかといえば、作者の名前を見たことがなかったからです。ほかの作家は、川端康成を始め、夏目漱石や芥川龍之介や、それこそ誰もが常識として知っているような、学生のテストに出てくるような名前ばかりが並んでいます。私が気になった作家の本も、そこに並んでいるということは有名なもののはず。でもまったく知らないんです。中を開けてみると、句読点の少ない、いかにも現代とは違った文章が書かれていました。漢字もたくさんありました。今は一文の短いものが多いですから、今の文章に慣れていると、ちょっと読みにくい感じではありました。でも私は迷わず借りました。すごく興味があったんです。有名なはずなのに、全く知らないその作家に。そして家に帰ってからちょっとだけ読んでみたら、中には注釈のついた言葉がたくさんありました。ちょっとだけ、ハードルが高い感じはしますが、心はうきうきしています。読み終わってから、この作家さんについて調べてみようと思っています。

日々の間に立ち止まってみること

日々の間に立ち止まってみること

年を重ねるとともに、一日がとても短く感じるようになりました。仕事が充実しているというのもあるでしょう。赤ちゃんなど小さな子供は、一日を長く感じているようですね。実際に様々な年齢の人たちに、何秒かできっちりストップウォッチを止める、という実験が行われたことがあるそうですが、子供は実際の時間よりも長い時点で、大人は短い時点で、ストップウォッチを止めたらしいです。今でもこんなに時間がたつのが早いのに、もっと年をとったらどうなってしまうんだろう。そんなことを考えていたときに、ある本の中に言葉を見つけました。それはとても当たり前のこと。人は明日を知ることはできないということです。だから今日を精いっぱい生きなさいということが書いてありました。今日と明日はまるきり違うものではなく、今日の続きが明日です。明日を憂える前に、今日やるべきことをやらなければいけないと、本は言っていました。たしかに、たとえ元旦を挟んで年が変わっても、何かがころっと変わることはありません。そんな当然のこともわからなくなってしまっていた私は、充実した日々の忙しさで、疲れていたのかもしれませんね。のんびりマイペースで、日々を大事に。時々足を止めてみることも、大事かもしれません。

一人の食事は本とともに

一人の食事は本とともに

今日は自宅に一人きりなので、レトルトのカレーを食べることにしました。普段も料理はしませんが、一人だと、ますますやる気になりません。それでも一応、料理の本を眺めてはみたんですよ。なにか作ってみようかなあって。でも料理の本ってだいたい、一人分の分量って載っていませんよね。人数分で割って計算すればいいのはわかりますが、なんとまあめんどくさい。ま、もともとそんなにやる気はありませんから、やーめた、となってしまうのは当然のことです。ご飯も一人で食べるとおいしくないものです。だからつい、さっと食べることができる食事を選んでしまいます。昨日は目の前にぬいぐるみを置いて、かつ本を読みながら夕食をとりました。普段家族がいたら考えられない無作法ですが、一人ですしね、さみしいですしね。お前はいくつなんだと言われそうですが、慣れない状況はいくつになってもさみしいものです。おかげで読書がすすむこと、すすむこと。ただつい夜中まで読んでしまいます。だめだなあ、本当にと思いつつ、さて今日は何を読もうかと考えているのだから、しょうがない人ですよね、私も。上げ前据え膳の旅行で、母は楽しんでいることでしょう。こっちは早く帰ってきてほしいと、首を長くして待っています。

郵便物の種類いろいろ

郵便物の種類いろいろ

子供むけの記事で読んで、へえ、そうなんだと驚きました。封書やはがきを送るだけと思っていた郵便物。実は他のものも送れるそうなんです。それも物に直接切手を貼って!記事によると、縦・横・高さの合計が90センチ以内、重さ4キロまでのものなら郵便物になるとか。そのために地域で有名なスルメやこけしを販売しているところもあるんですって。最近はインターネットが普及していますから、手書きの手紙を送る人も減っています。メールを打てばすぐに返事がもらえるし、そうでなければラインで話したり、個人宛ですらないことはツイッターで呟いたり。どれも便利なツールですが、ときどきは、こうしてわざわざ切手代を払って、なにかを送るのもいいものかもしれません。ああそういえば昔、暑中見舞いにうちわを送るキットが売られていた気がしますね。うちわ……今はあまり使いませんねえ。我が家ではちらしずしを作るときくらいかな。そのくせ夏、いろいろな店やお祭りで配っていますけれども、多くの人は、自宅ではエアコンや扇風機とお友達ですよね。不便の中にも楽しさはあり、ツールの使い分けが必要なんだ。そんなことを思いました。ああそういえば、友達に送らなければならないものがあるのを思い出しました。喜んでくれるかな。楽しみです。

迷子の男の子

迷子の男の子

買い物に向かった近所のショッピングセンターで、号泣している子供に出会いました。幼稚園児くらいの男の子です。おもちゃのコーナーからよたよたと歩いてきたその子は、大声で「ママ、ママ、いなくなっちゃった」と泣いていました。大きな目は真っ赤になって、大粒の涙の粒がぼろぼろこぼれて。もしかしたら後ろからママが追ってこないかなとちょっと様子を見ていたのですが、女性は来ても、ママらしい人は来ず。放っておくことなんてできません。「ママ、いなくなっちゃったの?」とすぐに声をかけました。「いなくなっちゃった」「おもちゃのとこで?」「うん、でもママいない」探したんでしょうね、一人で、泣きながら。手を繋いでもう一度おもちゃ売り場に戻ってママを探そうと思いましたが、その子は歩く元気もないようです。「だっこしていい?」と聞いて、抱きあげました。嫌がられるかなと思ったけれど、全然そんなことはなくて、ああさみしかったんだなと思いました。一緒に探してあげたかったけれど、私には予定があって時間がなかった。お店の人にその子を預けたのですが、なんか置き去りにするみたいでこっちが悲しくて。ママ、ちゃんと捕まえててあげて!周りの大人も早く声をかけてあげて!早くママに会えますように。元気に笑えますように。かわいい小さな男の子へ。

未来を変えるために、中から外へ

未来を変えるために、中から外へ

来年母と行く予定の講演会のチケットが今日届きました。代金引換とは聞いていたのですが、全然忘れていてお金を準備していなかったので、焦りました。お財布の中にお金があってよかった!講演会なんてほとんど行ったことはありません。というか、そもそも出不精なんですよね。家でのんびり本を読んだり、パソコンでやっぱり小説を読んだり、そんなことをしているのが幸せというくらい、インドアな生活をしています。いいえ、してきました。でも最近、それじゃいけないなと思いなおしまして、興味のあることにはめんどくさがらず、進んで足を向けようとしています。ありきたりな表現ではありますが、人生は一度きり。したいことをしなくても、したくないことをしても、一度きりなんです。だったらしたいことをしたほうがいいですよね。他人に何を言われても、自分の道を貫いた方がいいですよね。そう思いいたったのは、がんばっている人を見たからです。私より年上なのに、夢に向かってがんばっている人。彼を見ていたら、自分もやらなければならない気持ちになりました。講演会は、小さいけれど、私の一歩なのです。すぐに人は変われません。でも一年後なら?五年後なら?動けば未来は変わると信じています。

漫画とアニメで育ってきました

漫画とアニメで育ってきました

ときどき、自室にある本の並びが変わっていることがあります。私は本は好きでも本棚での並び方にこだわりはありませんので、「ああ誰かが見たな」と思う程度です。でもきっちり置き直しておけばばれないのに、と思うことはあります。昔、兄が同居していた頃。彼はとても几帳面で、本が少しでもずれていると怒るような、そんな人でした。こだわらない私は勝手に借りて、適当に返していたんですが、よく怒られたものです。まあ当然ですよね、今思えば。当時は「そんなことくらいで怒るなんて」と逆切れしたりもしたものですが……嫌な妹です。でもそんな兄はもう結婚して子供もいて、趣味に時間を割くことは少なくなってしまったようです。あんなに漫画が好きだったのに、子供にはあまり見てほしくない様子。漫画でもアニメでも、いいものはたくさんあるのに。自分はそれで育ってきたのに。勿体ないことです。漫画もアニメも小説も、子供の想像力を育てるにはいいと思うんですけどねえ。学校に行って勉強して、それだけじゃつまらないでしょう。やっぱりたくさん遊んで大きくならなければ。私は未だに漫画もアニメも小説も好きで、そんなの見てるのなんて言われることもありますが、恥ずかしいと思ったことは一度もありません。そのおかげで楽しい日々を過ごせていますしね。

母は歩くテレビ欄

母は歩くテレビ欄

今読んでいる本がとても素敵なのですが、もう終盤に差し掛かっているのでとても残念です。しっとり落ち着いたふたりが主役の恋愛小説。ああ、こんな恋がしたい!と思ってしまいます。恋に恋する年齢はとうに過ぎていることは自覚しているんですけどね。でも私、不思議なことに、恋愛を読むのは好きなんですが、見るのはあまり好きではありません。どうしてでしょうね。文字だと想像できるからいいのかしら。例えば相手の男の人はこんな人かな、とか。ここの場面ではどんな表情をしているんだろうとか。映像だとそのものズバリが見えますからねえ……なんて言ったら、俳優さんに失礼ですね。でも仕方がない。私は想像したいタイプです。そんなことを思っているせいか、私は俳優さんにも女優さんにも、とても疎いです。まあ単にテレビを見ないからという話もあります。逆にテレビっ子の母はいろんな人を知っていて、この俳優さんの奥さんは誰で子供は誰、とか普通に頭に入っていて、驚かされます。昨日の夕飯とか明日の予定は忘れているのに、何曜日の何時にこのドラマがあるとか、きっちり覚えていますからね。まあ好きだからこそなんでしょうが、歩くテレビ欄と一時期呼んでいたほどです。私は歩く字引き……とかに、なりたいなあ。なんか物知りぽくて、かっこよくないですか?